女性ホルモン

女性ホルモン@研究所 > 女性ホルモンとは?

女性ホルモンとは?

女性ホルモンとは、女性が女性らしく生きていくのに必須なホルモンになります。
今回は、この女性ホルモンの分泌機構と効果に関して紹介いたします。
はじめに、女性ホルモンとは2種類あります。

女性の生理終了後から、排卵までに出されるエストロゲンというホルモン、
排卵後から月経まで放出されるプロゲステロンというホルモンです。
この2種類は、放出されるまでにそれぞれ重要な働きをしてくれています。

堅苦しい説明ではなく、例えて説明をしていきます。
はじめにエストロゲンの子宮内での働きは、
卵子という卵を守るために子宮内膜を厚くしていきます。

卵子が子供だとすると、エストロゲンは子供が寝やすいベットを準備する係なのです。 子供の居心地がいいように、どんどん綿を持ってきてフカフカにしようと、日々努力してくれます。 女性の外見では、男性の皆さんこの磨かれた私を見てと言わんばかりに、見た目が良くなります。 生理が終わった後、肌が見る見る綺麗になったことは無いでしょうか?

例えば、女性用育毛剤については女性ホルモンのバランスで起きた
抜け毛に働きかけて見た目を綺麗にしてくれます。
これは、女性の魅力をあげて、良い精子を手に入れたいという女性の本能なのです。
ですから、一番エストロゲンが放出されるのは、排卵一日前で、
一番受精が成立しやすい時期なのです。

非常によく働いてくれるホルモン

次に、その排卵後放出されるプロゲステロンの役割を
子宮内での働きで見てみましょう。

プロゲステロンの役割は、エストロゲンが作ってくれたフカフカのベットを温める役割です。 卵子が子供だとすると、フカフカの布団があっても程々に暖かくないと居心地が悪くなります。 ですから、温める役割がプロゲステロンの役割なのです。 ここで、受精卵が着床すると、受精卵がここにいるよと母親の脳に司令を出すためプロゲステロンの放出は続きます。

そして、受精をしない場合は2つのホルモンが減少するため、月経が生じるのです。
こうして、女性ホルモンは一ヶ月ほどの長さで分泌量を変化させ、
女性の体型や性質を作っているのです。
ですが、味方に付けると非常によく働いてくれるホルモンですが、
乱れてしまうと厄介な事になります。